痩せるお茶ランキング2018-2019最新版|ダイエット茶32種を完全比較!

痩せるお茶のダイエット効果とダイエット茶全32種類徹底解説!

「お茶で痩せるって本当?」

「効果のあるダイエット茶が知りたい」

世界中で注目を集めているお茶の健康効果。

実は、お茶にはダイエット効果もあると言われています。

脂肪を燃焼したり、脂肪が吸収されるのを防いだりするため、痩せるお茶を取り入れることで簡単にダイエットを行っている人は非常に多いです。

「でも、どの痩せるお茶を選べばいいのかわからない」という方のために、本記事ではダイエット茶全32種類をどこよりも分かりやすく丁寧に徹底解説します。

痩せるお茶の効果や飲み方なども解説するので、ぜひ参考にしてください。

それではさっそく見ていきましょう♪

痩せるお茶ランキング2018-2019最新版

日本だけでも様々なメーカーから数百種類以上の『痩せるお茶』が発売されています。

楽天やAmazonといったネット通販だったり、マツモトキヨシなどの薬局だったり、ドン・キホーテなど量販店でも痩せるお茶は手にいれることができます。

しかし、残念ながら中には体に害を及ぼしかねない粗悪な商品があることもまた事実です。

特に気をつけたいのが海外製の痩せるお茶。

実際に海外では粗悪な痩せるお茶を飲んだ結果、体に悪影響を及ぼしてしまった方も存在します。

海外でも痩せるお茶は広く流通している為、世界中の商品を合わせると数千商品以上あるでしょう。

その中から、飲んで本当に意味のある良質な商品を探すのは至難の業といっても過言ではありません。

事実、このブログへ頂くお問い合わせ内容で1番多いのは『どの痩せるお茶を飲んだらいいのか?』

といった内容です。

今回、多くの方からご質問を頂いたことから本当におすすめできる痩せるお茶ランキングを作成しました。

ランキングの基準は、現役管理栄養士、パーソナルトレーナー、メーカーの信頼度、価格、味、実際に飲んだ方の口コミです。

これから痩せるお茶選びをしたい方は参考にしてください。

ダイエットプーアル茶

痩せるお茶といえば、ダイエットプーアル茶といっても間違いないかもしれません。

東証一部上場企業である、ティーライフ株式会社が販売しているダイエットプーアル茶。

発売から長年たった今でもその人気は衰えることを知らず、一般人だけでなく多くの芸能人や著名人からも愛飲されています。

なんと、138万人もの方に飲まれているようです。

そんなダイエットプーアル茶、知名度だけでなくその効果もおすみつき。

元々、お茶屋さんだったティーライフ株式会社が手掛けるだけあって良質な成分が配合されています。

味も癖がなく飲みやすくダイエットをしている気がしない。という口コミも多く見受けられました。

また、公式サイトではキャンペーンを行っており、35日分のダイエットプーアル茶を注文すると12日分のお試しセットがついてくるので非常にお得です。

※間違えて12日分を注文すると損をしてしまうので注意してください。また、楽天やAmazonは対象外です。ご注意ください。

痩せるお茶を飲むのであれば、まずはダイエットプーアル茶がおすすめです。

重ね発酵ハーブ茶

最近になって人気が出てきているのが重ね発酵ハーブ茶。

タレントの熊田曜子さんが紹介をしたことで更に人気に火がつきました。

そんな重ね発酵ハーブ茶の歴史はまだ浅いにも関わらず、産後ダイエットや妊娠中の体重調整をしたい妊婦さん。

痩せるお茶ダイエットを実践中の方まで幅広く飲まれています。

配合されているユーカリポリフェノールやギムネマエキス等の働きによって糖質をカットし痩せやすい体作りをサポートしてくれます。

味も静岡県の荒茶協議会で最高金賞を受賞した茶師が手掛けており、癖も少なく非常に飲みやすいのが特徴です。

また、初回のみですが送料のみの1か月間無料で試せるのも魅力でしょう。

これから更に期待ができる痩せるお茶です。

メタボメ茶

1位でも紹介したダイエットプーアル茶を手掛けている、ティーライフ株式会社が販売している痩せるお茶です。

ダイエットプーアル茶との違いはずばり、『メタボ対策』の方を中心に飲まれているということ。

ダイエットプーアル茶をベースに黒豆や烏龍茶、杜仲茶をバランスよく配合することでメタボ解消を助けると言われています。

女性だけでなく、男性にも広く飲まれている痩せるお茶と言えるでしょう。

スルスル茶

大人気ダイエットサプリ、スルスル酵素ブランドが手掛けているスルスル茶。

スルスル酵素と一緒に飲んでいる方が多いですが、痩せるお茶としても超優秀なんです。

そんなスルスル茶は黒烏龍茶を中心にプーアル茶やマテ茶をバランスよく配合していて苦みが抑えられた非常に美味しく飲める痩せるお茶です。

20代から40,50代と幅広い世代から愛されているのも特徴のひとつですね。

美甘麗茶

発売から3年程たった今でも継続して高い人気を誇っている美甘麗茶。

多くのモデルや芸能人、インスタグラマーからも紹介されることが多い為ご存知の方も多いのではないでしょうか。

そんな美甘麗茶、知名度だけでなくその評価が非常に高いことでも有名です。

美甘麗茶の特徴はなんといってもその味。

痩せるお茶なのに、とっても甘いのでダイエット中の辛い食事制限も乗り切れます。

甘い物が好きな方には積極的におすすめしたい痩せるお茶と言えるでしょう。

迷ったら好みで選んで大丈夫!まずは始めることが1番重要!

以上、2018-2019痩せるお茶ランキング決定版でした。

今回、ランキングを作成するにあたって多くの方からご協力を頂き非常に満足のいくものが出来上がりました。

どれも自信を持っておすすめできるので、後は好みや予算から自分の好きな痩せるお茶を選んでもらえれば大丈夫です。

まずは定番の痩せるお茶から飲みたいという方は、ダイエットプーアル茶。

メタボが気になる方はメタボ茶。

甘い物が好きでダイエット中も我慢したくない!という方は美甘麗茶といった選び方でも良いでしょう。

その中でも、『どの痩せるお茶を飲もうか迷ってしまって決められない。』

という方は、まずは第1位にも選ばれたダイエットプーアル茶から試してみることをおすすめします。

数多くのダイエット茶ランキングで1位を総なめにし、138万にも飲まれているのにはやっぱり理由があります。

配合されている成分も非常に優秀ですし、味も本当に美味しく、ダイエットをしているという感じがしません。

また、公式サイトで行っているキャンペーンを利用すれば3,016円で47日分。1ヶ月半も試す事ができるので何かしらの変化を実感出来るでしょう。

痩せるお茶を飲むのであればダイエットプーアル茶がおすすめです。

いずれにしても大切なことは痩せるお茶を選ぶことではなく、飲み始めてそれを継続するということ。

まずは今すぐ1ヶ月、痩せるお茶を飲み続けてください。

きっと、このブログにメッセージを送ってくれた多くの方のように理想の体型を手にすることができるはず。と私は考えています。

また、何か分からないことがあればお問い合わせより連絡をください。

私で答えられることでしたら、可能な限り何でもお答えさせていただきます。

それでは痩せるお茶を飲んで手に入れましょう!

ありがとうございました。

□痩せるお茶の効果

種類は様々と言え、世界中の人々が飲んでいるお茶。

近年、お茶の優れた健康効果が注目されています。

実は、お茶にはダイエット効果もあるってご存じでしたか?

お茶を飲むだけでも脂肪燃焼に期待できますが、さずがに飲むだけで10㎏も痩せるというわけはありません。

しかし、適切な食生活や運動と組み合わせることで、非常に高いダイエット効果を得られるのです。

実際に、毎日のジュースや砂糖入りのコーヒーなどの代わりに、お茶を飲むだけで大幅なカロリーカットが行えますよね。

お茶のダイエット効果の秘密は、カテキンにあります。

カテキンとはフラボノイドの一種で、次のような効果をもたらすのです。

・代謝促進
・脂肪分解促進
・抗酸化作用(身体の老化を防ぐ)

また、お茶に含まれるカフェインにも脂肪燃焼作用があります。

このカテキンとカフェインのおかげで、お茶にはダイエット効果があるというわけです。

ただ、お茶と一口に言っても様々な種類がありますよね。

緑茶や紅茶など、主なお茶の葉は「カメリアシネンシス」というツバキ科の茶の樹からできています。

発酵などの度合いによってお茶の種類は異なるのです。

お茶別の効果は、後ほど詳しく見ていきましょう。

□痩せるお茶の飲み方

痩せるお茶は薬ではないので、好きなときに飲んでいただくのが一番です。

ただ、ダイエット目的で飲むのなら、以下のポイントを抑えるようにしてください。

・毎日飲む
・砂糖などを加えない
・食事30分前後に1杯飲む

重要なのは、お茶を飲むのを習慣化すること。

毎日のコーヒーやジュース、おやつ代わりに、お茶を飲むようにしてください。

また、お茶の中には脂肪吸収を防ぐものがあるため、食事の前後に1杯飲むと大きなダイエット効果を期待できます。

□痩せるお茶の注意点

痩せるお茶は、大きな副作用もないため安心して楽しむことができます。

あえて注意点を挙げるとすれば、飲み過ぎに注意すること。

短期間で多量を摂取しても、ダイエット効果に期待できなければ、頭痛や吐き気を引き起こす可能性があります。

大切なのは、1日2~3杯のお茶を毎日飲み続けること。

また、お茶の種類に関わらず、沸騰したお湯でお茶を作るのはおすすめできません。

沸騰したお湯は重要成分カテキンを破壊する可能性があれば、お茶の渋みを出しすぎます。

そこで、一度お湯を沸騰させ、5~6分湯冷ましさせたもので作るようにすると良いでしょう。

□痩せるお茶と漢方薬の比較

【痩せるお茶と漢方薬を簡単比較】
・効果の高さ:漢方薬
・購入の利便性:痩せるお茶
・安全性:痩せるお茶
・飲みやすさ:痩せるお茶

痩せるお茶と漢方薬は、一見すると似ていますが、2つは別もの。

簡単に言えば、痩せるお茶はお茶であり、漢方薬は薬です。

漢方の目的は体質改善。

体重減少だけを目的にするのではなく、体重増加の原因となる代謝低下や水分の貯め込みなどを改善することです。

適切な漢方にさえ出会えれば、痩せるお茶よりも大きな効果を発揮するでしょう。

市販の漢方も販売されていますが、同じ病名でも個々人によって適切な漢方は異なります。

そのため、漢方薬を得るためには漢方医による診察が必須です。

漢方薬の最大の問題点と言えば、味ですよね。

今まで漢方に挑戦したけど、味が苦手で挫折したという方は多いはず。

その点、痩せるお茶は「お茶」なので飲みやすさは抜群であれば、毎日続けやすいです。

漢方で効果を実感できるまでの期間は、約2・3か月から半年。

対して、痩せるお茶は2~3か月で効果を実感できます。

まずは、痩せるお茶を試してみるのがおすすめで、以下の症状が出れば漢方に移るといいかもしれません。

・半年たっても効果が出ない
・リバウンドを繰り返してしまう

□1.たんぽぽ茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

たんぽぽの根などを抽出したたんぽぽ茶。

たんぽぽ茶は以下の効果から、ダイエットにぴったりなお茶として広く知られています。

・利尿作用
・カロリーが少ない

■1.高い利尿作用

むくみに悩んでいる方には、たんぽぽ茶がおすすめ。

たんぽぽ茶には高い利尿作用があるので、体内の水分を排出します。

ダイエットというと、脂肪解消だけに注目されがちですが、水分も大きな原因となっているのです。

毎日たんぽぽ茶を飲むことで、脂肪と共に余分な水分も排出されることでしょう。

■2.カロリーが少ない

他のお茶と同様に、たんぽぽ茶に含まれるカロリーはごくわずか。

それでいて、栄養満点なので食事制限を行うダイエット中にぴったりの飲料です。

コップ1杯に約2カロリーしか含まれていないため、ジュースなどの代用にも活用できます。

■3.便秘解消

たんぽぽの根には、ごぼうに含まれることで知られる食物繊維「イヌリン」が含まれています。

イヌリンは腸内環境を整え、善玉菌優位の状態にするのです。

そのため、ダイエットの大敵である便秘解消効果に期待できるでしょう。

□2.ゆず茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

韓国で絶大な人気を誇るゆず茶。

ゆず茶は味がとても美味しく、豊富な健康効果をもたらすのです。

もちろんダイエット効果もあるので、詳しくその効果を見ていきましょう。

■1.代謝を調整する

ゆず茶を飲むことで、カロリー消費に必要な代謝が正常になります。

さらに、ビタミンやミネラルなどの栄養素の吸収率を高めつつ、脂肪の吸収を妨げるという特徴もあるのです。

このような理由で、ゆず茶を飲むと痩せると言われています。

■2.美肌を作る

ゆず茶には、高い抗酸化作用と炎症を抑える作用があるため、美肌を作るお茶として知られています。

また、ビタミンCやコラーゲンなどの肌に良い栄養素がたっぷりなので、高い美容効果を期待できるでしょう。

■3.安眠効果

ゆずの香りを嗅ぐと安心する気持ちがしますよね?

その秘密はシトラールという香り成分が含まれているから。

シトラールには以下の効果があるため、就寝前に飲むと寝つきが良くなります。

・ストレス緩和
・気分を落ち着かせる

睡眠中は脂肪を分解させる成長ホルモンが大量に分泌されます。

つまり、睡眠の質が高まるとダイエット効果が高まるのです。

□3.抹茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

抹茶は緑茶の一種です。

茶葉をすりつぶして粉末状にしているため、お茶の栄養素を全て体内に取り入れられるのです。

そんな抹茶は、美容にも健康にも嬉しい効果があると大注目を集めています。

さっそく抹茶の効果・効能について見ていきましょう。

■1.肥満予防

抹茶には豊富な茶カテキンが含まれています。

茶カテキンは効率よく脂肪燃焼をさせるため、ダイエットや肥満予防効果に期待できるのです。

また、抹茶1グラムあたりに含まれるのは3カロリーなので、カロリーを気にせず摂取できます。

■2.コレステロール値を正常にする

抹茶には、非常に高い抗酸化作用があります。

マウスを対象にした研究では、毎日30日間抹茶を与えたところ、コレステロール値が正常になったと判明しました。

抹茶を飲むことで、体重減少をしつつ、コレステロール値も正常にできるのは嬉しい限りですよね。

■3.美容・アンチエイジング

抹茶は、老化の原因となる活性酸素を取り除く作用があります。

また、ビタミンCとカテキンはともに働くことで、メラニン色素を抑えるのです。

そのため、抹茶を飲むことで以下の効能が期待できます。

・肌のたるみとシワ予防
・美白効果
・シミ予防

■4.虫歯予防

抹茶に含まれるフッ素化合物には、虫歯と口臭予防に期待できます。

食後に1杯飲むことで、脂肪の吸収を抑制しつつ、お口の中も清潔に保てますよ。

□4.玄米は痩せるお茶?効果と効能を解説

玄米茶とは、炒めた玄米に番茶や煎茶などを加えたもの。

香りは香ばしく、さっぱりとした味わいがあることから老若男女に人気。

玄米茶は緑茶と玄米の栄養や効果を得られる一石二鳥のお茶なのです。

■1.ダイエット効果

食事制限をするダイエットでは、栄養不足になりがち。

そんな不足した栄養を玄米茶が補給してくれるのです。

玄米茶には以下の栄養素が入っています。

・ビタミン
・ミネラル
・食物繊維
・カテキン(脂肪の吸収を阻止)
・ギャバ

注目成分はギャバです。

ギャバには、血圧とコレステロールの増加を抑える働きがあります。

カテキンとギャバの働きのおかげで、大きなダイエット効果を得られるというわけです。

■2.アンチエイジング

玄米茶を飲むことで、女性に嬉しいアンチエイジング効果にも期待できます。

豊富に含まれているビタミンは、肌のしわやたるみ予防だけではなく、コラーゲンの生成を活発化するため、美肌作りをサポートするのです。

また、食物繊維は腸内環境を整えて、内外で美しい身体作りが行えるでしょう。

■3.風邪予防

カテキンには抗菌・殺菌作用があります。

そのため、玄米茶を飲むだけで風邪予防が行えるのです。

□5.なた豆茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

なた豆という刀に似た形の豆を使用したなた豆茶。

日本では江戸時代頃から万能薬として使用されてきました。

そのため健康効果に優れ、最近ではダイエット効果にも注目が集まっています。

■1.サポニンの力でダイエット効果

なた豆茶には、サポニンという成分が豊富に含まれています。

サポニンは脂肪の吸収を抑制する力があるので、食事前後になた豆茶を利用すると余分な脂肪が蓄えられないのです。

特に、脂っこい食事との相性は抜群ですよ。

■2.抗酸化作用

なた豆茶は高い抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用は、身体の老化を防ぐので、アンチエイジングや病気予防に効果的です。

■3.便秘解消

なた豆茶には、コンカナバリンAという便秘に効果的な成分が配合されています。

コンカナバリンAは腸内に働きかけ、ゆっくりと便を排出させるのです。

ダイエット中は食事量が減るため、便秘になりがち。

便秘は美容にも健康にも悪いため、なた豆茶で解消しながらダイエットしましょう。

□6.とうもろこし茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

とうもろこし茶は韓国で大人気のお茶。

乾燥させたとうもろこしの実を炒めたもので、香ばしく飲みやすいお茶です。

簡単に言えば、飲むたびにとうもろこしの効果を得られます。

■1.便秘解消

とうもろこしには豊富な食物繊維が含まれています。

便秘はダイエットの大敵であり、コーン茶を飲むことで、お通じを正常化できるのです。

便秘を解消するだけでも、大きなダイエット効果を得られるでしょう。

■2.利尿作用

とうもろこし茶には、優れた利尿作用があります。

体内に水分を溜め込むと体重が増えるうえ、有害物質が排出されないため、美容や健康にも良くありません。

むくみやすい方などは、とうもろこし茶を飲むだけで身体の違いを感じられるでしょう。

■3.コレステロール値の正常化

血液中のコレステロール値が高くなると、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが高まります。

あらゆる病気を予防するためにも、コレステロール値の正常化は必須。

中国の大学が実施した研究によると、とうもろこしはコレステロール値の正常化作用があるそうです。

とうもろこし茶には豊富な栄養素も含まれているので、健康維持に役立ってくれるでしょう。

□7.チャイは痩せるお茶?効果と効能を解説

近年、大人気となっているチャイとは、インド風に甘く煮たミルクティーのことです。

ただ、甘いチャイは砂糖などが使用されているため、ダイエットに向いていません。

ダイエット目的ならば、砂糖不使用のスパイスを使用された伝統的なものを使うようにしましょう。

■1.ダイエット効果

伝統的なチャイはカロリーが低く、満腹感も高いため、食前や間食時に飲むことで食べ過ぎ防止できます。

また、チャイに含まれるカフェインと抗酸化物質は、代謝促進を促します。

運動前などにチャイを1杯飲むことで、カロリーの消費が早くなるでしょう。

■2.がん予防

「日本人の2人に1人はがんになる」と言われるほど、がんは国民病。

そんな恐ろしいがんも、チャイを飲むことで予防できるのです。

2007年に実施された研究で、チャイに含まれるカテキンには膵臓や小腸、胃がんなどのリスクを低下させると判明しました。

■3.抗炎症

チャイには身体の炎症を抑える働きがあります。

身体の炎症と言ってもイメージがつかないでしょうが、具体的には以下の通り。

・にきび
・関節痛
・肌荒れ
・消化不良

上記のような症状を抑えるため、チャイは体の不調を整える働きがあるともいえます。

□8.ダージリンティーは痩せるお茶?効果と効能を解説

紅茶の代表格といえば、ダージリンティー。

おそらくほとんどの方が一度は口にしたことがあるはずです。

上品で豊かな風味を持つため、すっきりと飲めます。

なじみ深いダージリンティーには、驚くべき効能があるのです。

■1.代謝促進と脂肪吸収抑制

他のお茶と同様に、ダージリンティーにはカフェインが入っているため、代謝促進効果があります。

運動前に1杯飲むと、カロリー消費効率がアップしますよ。

また、ダージリンティーには脂肪吸収を抑える働きがあります。

基礎代謝をアップしてダイエット効果を高めつつ、カロリー摂取量を減らすことができるのです。

■2.強力な抗酸化作用

ダージリンティーには強力な抗酸化作用があります。

そのため、アンチエイジング効果や生活習慣病などの様々な病気の予防に効果的です。

手軽に購入できるダージリンティーで、美容健康効果を高められるのは魅力的ですね。

■3.口内環境を整える

1日に3杯以上のダージリンティーを飲むと、口内環境が正常になります。

ダージリンティーは歯を強くし、口内に潜む悪いばい菌を退治するのです。

また、フッ化物を豊富に含んでいるのも注目ポイント。

フッ化物は歯が弱くなるのを防ぐ働きがあります。

これまでに行われた数々の研究でも、日常的にダージリンティーを飲む人は、そうでない人と比べて虫歯リスクが少ないと判明しているのです。

□9.セイロンティーは痩せるお茶?効果と効能を解説

世界中で広く愛されるセイロンティーはスリランカ原産のお茶です。

王道の紅茶なので、毎日飲んでも飽きない味わいがあります。

スーパーなどで手軽に購入できるのも嬉しい点ですよね。

■1.脂肪燃焼促進

セイロンティーの魅力の1つが、脂肪燃焼を促進させること。

お茶を飲むことで代謝が高まるため、効率的にカロリー消費を行えます。

運動や生活習慣を変えずとも、セイロンティーを飲むだけで、いつも以上にカロリー消費できるということです。

■2.スキンケア効果

セイロンティーの抗酸化物質は、コラーゲンの喪失を防ぐ働きがあります。

コラーゲンは肌の柔軟性を保つ物質で、しわ予防にも効果的。

また、抗酸化作用のおかげでアンチエイジングや美肌作りにも期待できます。

■3.免疫力の正常化

セイロンティーを飲むと、免疫力が高まり健康的な体へと変化します。

そのため、風邪や病気になりにくくなるでしょう。

また、抗酸化作用のおかげで免疫システムは、重要な病原菌退治だけに集中できるようになるのです。

□10.あずき茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

近年、女性人気が高まっているのがあずき茶です。

あずき茶とは、あずきを煮出して作ったものなので、カフェインフリー。

妊婦や授乳期間の方、お子さまでも美味しく飲むことができます。

■1.豊富なポリフェノール

強力な抗酸化作用で有名なポリフェノール。

ポリフェノールは体の熱を高め、脂肪燃焼を促す働きがあるのです。

また、抗酸化作用により美容健康効果にも期待できます。

さらに、サポニンもまた血行促進による代謝アップがあります。

つまり、ポリフェノールとサポニンによるWのダイエット効果が期待できるのです。

■2.むくみ解消

あずき茶には豊富なカリウムが含まれています。

カリウムは血液の流れを良くするため、女性に嬉しいむくみ解消につながるのです。

■3.便秘解消

あずき茶は不溶性食物繊維が豊富です。

不溶性食物繊維とは、水に溶けない食物繊維で、便の量を増やして便秘を解消します。

ダイエット中は、便不足が原因の便秘が起きやすいため、あずき茶で予防しておくのがおすすめ。

□11.ルイボス茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

ルイボスとは南アフリカ共和国原産の植物。

そんなルイボスを茶葉として使用したものが、ルイボス茶です。

その美容健康効果で最近大人気ですよね。

味わいはスッキリとしており、ノンカフェインなので誰でも安心して飲めます。

■1.デトックス効果

ルイボスティーには、体の毒素を排出するデトックス効果があります。

有害なものを体外に出すことで、代謝が良くなり痩せやすい身体へとなるのです。

また、マグネシウムが豊富なため、便秘対策もばっちり。

ルイボスティーはダイエットの大きなサポートとなることでしょう。

■2.強力な抗酸化作用

ルイボスティーの最大の魅力が、強力な抗酸化作用です。

豊富に含まれたSODという抗酸化成分が、身体の老化を進める細胞を退治します。

そのため、ルイボスティーを飲むことで、高い美容効果を得られるのです。

また、免疫力も高まるので様々な病気の予防にもつながります。

■3.妊活効果

ルイボスティーは妊活をしている人々に大人気。

その理由は、ルイボスティーに含まれるミネラルは卵子の質を高めるから。

また、以下のような効果にも期待できます。

・SODによる女性ホルモン分泌
・排卵周期の安定
・子宮内膜が厚くなる

□12.マテ茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

アルゼンチンやウルグアイなどで日常的に飲まれるマテ茶。

マテ茶は栄養満点で、肉が主食のアルゼンチンなどでは、不足しがちな栄養補給のためにも飲まれます。

ここからは、スーパードリンクのマテ茶の効果を見ていきましょう。

■1.ダイエット効果

緑茶と同様、マテ茶にはすぐれたダイエット効果があると研究で判明しています。

マテ茶のエキス配合のサプリを飲む実験では、体脂肪とBMIが大幅に減少したと明らかになったのです。

マテ茶にダイエット効果がある理由は明らかになっていませんが、研究者はカフェインが脂肪燃焼を促すからだと考えています。

また、マテ茶には以下のダイエット効果があるのです。

・豊富な食物繊維で便秘解消
・ポリフェノールが脂肪の吸収を抑制

■2.エネルギー補給

コーヒーや緑茶など、エネルギー補給に優れた飲み物はいくつかありますが、マテ茶ほど優れたものはないでしょう。

マテ茶を飲むことで、コーヒーと同じような興奮・集中状態になります。

しかし、マテ茶にはコーヒーのデメリットがありません。

マテ茶を飲んでも、睡眠の質が低下することはめったにないのです。

実際に、マテ茶に含まれるカフェインの量はお茶よりも多く、コーヒーよりも少ない絶妙なもの。

■3.豊富な栄養素

マテ茶には、健康な生活を送るためには欠かせない栄養素が全て配合されていると言っても過言ではありません。

各ビタミン類や亜鉛、マグネシウム、鉄、カルシウムなどが入っています。

また、他のお茶よりもポリフェノール数が多く、抗酸化作用が強いという特徴もあるのです。

□13.生姜紅茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

最近、大きな注目を集めているのが生姜紅茶を使ったダイエット。

生姜の働きで、身体をポカポカと温めて、基礎代謝を高めダイエットを成功へと導きます。

作り方は簡単で、すりおろし生姜を紅茶に入れるだけ。

手軽に作れるうえ、高いダイエット効果を期待できますよ。

■1.基礎代謝を高めて痩せやすい体質つくり

生姜には血行促進や発汗を促す成分が含まれています。

それらの成分が身体をポカポカと温めて、基礎代謝を上げるのです。

なんと体温が1度下がると、基礎代謝による消費カロリーが12%も減ってしまいます。

食事制限のダイエットでは、基礎代謝が落ちやすいからこそ、生姜紅茶で痩せやすい体質にするのが重要なのです。

■2.美容効果

生姜にもまた高い抗酸化作用があります。

そのため、アンチエイジングや病気予防にも期待できるのです。

また、紅茶には美肌作りに欠かせないビタミン類が豊富に含まれているのも魅力的。

■3.脂肪の吸収を抑制

紅茶にはテアフラビンという成分が含まれています。

この成分が赤い色素を作り出しているのですが、以下のような健康効果もあるのです。

・脂肪の吸収を抑制する
・血糖値の上昇を抑える
・ノロウイルス消毒

□14.特茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

最近、何かと話題になっている特茶。

あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

特茶とは、脂肪対策のために開発されたお茶であり、文字通り飲むだけで「痩せるお茶」です。

味もすっきりとしており、非常に飲みやすいのが魅力。

■1.体についた脂肪を分解する

トクホ飲料には以下の2種類があります。

・食事の脂肪吸収を抑制する
・体の脂肪を分解する

特茶は、体についた脂肪を分解するお茶です。

好きな時に飲むだけで、頑固な脂肪をすっきりと落とせます。

研究では、1日1本飲み続けると、8週目から体脂肪の軽減が顕著に表れたそうです。

■2.抗酸化作用

特茶には、ケルセチン配糖体という玉ねぎやブロッコリーに豊富に含まれるポリフェノールが入っています。

ケルセチン配糖体には抗酸化作用があるため、生活習慣病予防や美肌効果などに期待できます。

□15.カテキン緑茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

伊藤園が販売するカテキン緑茶は健康茶です。

主に以下の人を対象に開発されました。

・体脂肪が気になる方
・コレステロールが高い方

飲むだけで、脂肪やコレステロール吸収を抑えられる、痩せるお茶なのです。

■1.脂肪の吸収を抑える

カテキン緑茶にはガレート型カテキンが配合されています。

ガレート型カテキンは、脂肪の分解・吸収を抑える働きがあるのです。

そのため、カテキン緑茶は食事と一緒に飲むことで大きな効果を発揮します。

■2.コレステロールの吸収を抑える

ガレート型カテキンは、コレステロールの吸収をも抑えます。

研究ではカテキン緑茶を飲みはじめ、1か月が経った頃から悪玉コレステロールが低下し始めたのです。

コレステロールと脂肪の吸収を抑制できるのが、カテキン緑茶の強みです。

□16.黒烏龍茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

黒烏龍茶とは、烏龍茶をベースにした「痩せるお茶」です。

特定保健用食品にも認定されており、知名度の高さは抜群。

さっぱりとした後味が人気で、食事にも合うと好評です。

■1.脂肪の吸収を抑える

黒烏龍茶は独自製法でウーロン茶重合ポリフェノールを多く含んでいます。

ウーロン茶重合ポリフェノールには、脂肪の吸収を抑える働きがあるため、厳しい食事制限をせずにダイエットが行えるのです。

詳しい仕組みを述べると、ウーロン茶重合ポリフェノールが、小腸で脂肪を吸収しやすいように分解するリパーゼの働きを妨げます。

そのため、脂肪は分解されずに、体外へ排出されるのです。

■2.脂肪の排出量を増やす

食事と一緒に黒烏龍茶を飲むと、脂肪の排出量が増えます。

以下が、黒烏龍茶と脂肪排出量に関する研究データです。

・黒烏龍茶を飲まなかったグループ:10g
・黒烏龍茶を飲んだグループ:20g

□17.どくだみ茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

どくだみは万能の薬草として、昔から知られています。

どくだみ茶はカフェインフリーなので、就寝前にも安心して飲むことが可能。

ダイエットや女性に嬉しい効果を得られますよ。

■1.利尿作用によるダイエット効果

どくだみ茶には優れた利尿作用があり、体内に溜まった毒素を排出するのです。

血行が良くなるので、基礎代謝がアップします。

また、余分な水分も排出されるので、むくみ解消にもつながりますよ。

■2.便秘解消

どくだみ茶は天然の便秘薬。

食物繊維やミネラルが豊富に含まれているため、腸の働きを正常にします。

起床時に1杯のどくだみ茶を飲み続けると、頑固な便秘も解消されるでしょう。

■3.美肌効果

どくだみには、毛細血管を丈夫にする働きがあります。

毛細血管が丈夫になると、血行が良くなり、くすみ知らずの輝く肌になるのです。

□18.麦茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

夏の定番の飲み物といえば麦茶です。

ノンカフェインで爽やかな味わいなので、ごくごくと飲めますよね。

麦茶はミネラル豊富で様々な効果があるため、夏に限らず年中を通して飲む価値があります。

■1.適度な利尿作用

麦茶にはマイルドな利尿作用があります。

ノンカフェインでコーヒーほど強力な利尿作用はないため、必要以上の水分を失う心配はありません。

また、アミノ酸が豊富に含まれているので、血流の流れが良くなり、基礎代謝がアップします。

■2.熱中症対策

麦茶ほど熱中症対策に優れた飲料はないでしょう。

麦茶は体の熱を冷ます効果があり、それでいてミネラルを豊富に含むため、夏の飲み物としてぴったりなのです。

■3.血流改善

麦茶を血液の流れが改善されると研究で判明しました。

どうやら麦茶の香りを作り出す成分が、血液をさらさらにする効果があるようです。

□19.梅昆布茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

梅の香りと昆布のダシが効いた美味しいお茶です。

そのまま飲んでもよければ、お茶漬けなどにしてもいいですよね。

梅昆布茶にはダイエット効果もありますが、塩分が入っているため、飲みすぎには要注意です。

■1.ヨードの力で基礎代謝アップ

昆布に豊富に含まれるヨードというミネラルは、甲状腺ホルモンの分泌を促します。

甲状腺ホルモンは基礎代謝を高めるので、エネルギー消費量が増えるのです。

なかなかダイエット効果が出ないという方は、昆布茶を飲んでみるといいかもしれません。

■2.脂肪吸収抑制

昆布のぬめりはアルギン酸という食物繊維。

このアルギン酸は小腸内で、コレステロール吸収を抑える働きをします。

また、腸内の悪玉菌を体外へ排出するので、腸内環境が整い、便秘解消効果にも期待できるのです。

□20.ハーブ茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

西洋で薬代わりにも使用されるハーブ茶。

使用するハーブによって効果は変わりますが、多くのハーブ茶でダイエット効果に期待できます。

ここからは、どのハーブ茶にも共通する効果を見ていきましょう。

■1.デトックス効果

ハーブ茶は優れたデトックス効果があり、体内の毒素を排出します。

毒素がなくなると、血流の流れも良くなるため、基礎代謝の向上に期待できるのです。

■2.美白効果

ローズヒップなどのハーブ茶は、ビタミンなど女性に嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。

そのため、肌トラブルの解消や美白効果などに期待できます。

■3.睡眠の質を高める

ハーブティーはストレス緩和やリラックス効果があり、昔から睡眠の質をアップさせると言われています。

実際に、欧米では昔から不眠症改善のためにハーブティーを飲むことがあるほどです。

□21.ほうじ茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

ほうじ茶は緑茶の一種なので、高い健康美容効果があります。

苦味や渋みは少なく、あっさりとした味で食事と合うお茶です。

緑茶などのお茶特有の苦みが苦手という方は、ほうじ茶を試してみるといいかもしれません。

■1.脂肪をつきにくくする

ほうじ茶は緑茶なのでカテキンが豊富に含まれています。

カテキンには、優れた脂肪吸収抑制と燃焼作用があるので、緑茶と同様のダイエット効果があるのです。

■2.デトックス効果

ほうじ茶はカフェイン量が少ないという特徴があります。

そのため、多量飲んでも睡眠に大きな影響がなければ、必要以上の水分を失う心配もありません。

また、食物繊維が豊富なので、便秘が解消されるでしょう。

効果的に体内の毒素が排出されます。

■3.美肌効果

ほうじ茶には、レモン約5倍分のビタミンCが含まれていると言われています。

熱にも強いため、体内吸収率も非常に高いです。

ほうじ茶を飲むことで、美白効果やアンチエイジングなどを行えます。

□22.甜茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

甜茶(てんちゃ)は中国茶の一種。

漢字から想像できるよう、とても甘くて飲みやすいお茶です。

日本では花粉症対策のお茶として有名ですよね。

でも、花粉症対策だけではなく、他にも嬉しい効果がいくつかあるのです。

■1.超低カロリー

甜茶は甘いので、砂糖が使用されていると誤解されがち。

でも、砂糖不使用であの甘みを出せており、カロリーは100g中たったの2カロリー。

甜茶の甘みを出しているのは、ルブソシドという成分で、砂糖の約75倍の甘さを誇ります。

ダイエット中は甘いものを食べたくなりますが、そんな時は甜茶を飲むと良いでしょう。

■2.肥満予防

甜茶にはコレステロール値を低下させる働きがあります。

マウスを対象とした研究でも、甜茶を与え続けると血糖値と体重の低下が見られたそうです。

□23.熊笹茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

熊笹とは、主に北海道に生える笹のことです。

防腐効果が高いため、ちまき寿司などに使われます。

そんな熊笹は栄養満点で、中国では昔から漢方薬として使用されているのです。

すっきりとした味わいの熊笹茶もまた、様々な効果をもたらしてくれます。

■1.デトックス作用

葉緑素とは、植物の緑色を作り色素であり、熊笹にも含まれています。

そんな葉緑素は緑の血液とも呼ばれ、血中のコレステロール値を減少させ、血液をさらさらにする効果があるのです。

また、解毒作用があり体内のデトックス効果にも期待できます。

熊笹茶を飲むことで、体がスッキリとし、痩せやすい体質となるのです。

■2.便秘対策

熊笹茶には不溶性食物繊維のリグニンが豊富に含まれています。

リグニンは大腸内でも消化吸収されず、腸内にある不要物とくっつき、そのまま体外へ排出するのです。

熊笹茶を毎日飲むことで、便秘が解消されるでしょう。

■3.美肌効果

熊笹は細胞を若返らせると判明しています。

細胞が活性化することで、新陳代謝が良くなり、血色のいい美肌作りへ役立ちます。

また、炎症を抑える働きもあるため、ニキビや肌荒れなどにも効果的です。

□24.甘茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

アマチャとはガクアジサイの変種で、このアマチャを茶葉としたものが甘茶。

文字通り、甘い味わいが特徴のお茶で、老若男女から愛されています。

ダイエット中に甘いものが食べたくなると、甘茶を飲むのがおすすめです。

■1.ローカロリー

甘い味わいが魅力的な甘茶ですが、実はとっても低カロリー。

甘さの秘密はフィロズルチンという成分で、ショ糖の約400倍の甘さがあると言われています。

また、カフェインやタンニンを含まないため、誰でも安心して飲むことができるでしょう。

ダイエット中の間食にぴったりのお茶で、大きなサポートとなるはず。

■2.脂肪分解効果

甘茶には、体内にある脂肪の分解を促進する効果があります。

そのため、体の中から肥満対策行えるのです。

■3.ストレス緩和

甘い甘茶を飲むと、気分が落ち着きます。

今まで、ストレスから食事量が増えて、体重増減した方もいるのではないでしょうか?

ストレスを溜め込みやすい方は、甘茶を飲んでストレス緩和すると良いですね。

□25.ハブ茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

ハブ茶とは、蛇のハブではなく、ハブソウという植物の種子を茶葉として使ったお茶。

麦茶に似たさっぱりとした味わいで、ノンカフェインです。

ビタミンが豊富で、ダイエット効果や目を健康にするなど様々な効果があります。

■1.自然なお通じにする

ハブ茶には、アントラキノン誘導体という成分が入っています。

この成分が腸の運動を活発にするため、自然なお通じになるというわけです。

また、体内の老廃物が排出されるため、ダイエットに最適な体つくりができます。

■2.利尿作用

アントラキノン誘導体には、利尿作用があるため、体内の老廃物を効果的に排出できます。

体内に過剰な水分が溜まったままでいると、むくみや冷え性などの原因になります。

ハブ茶を飲むことで、それらの症状も改善できるでしょう。

■3.目を健康にする

昔から、ハブ茶は目の機能を正常にするために使用されてきました。

利尿作用により、肝臓の負担が減ることで、肝臓と密接な関係にある目の機能が回復するようです。

また、目に良い成分ビタミンAも豊富に含まれるため、パソコン仕事などで目を酷使する方におすすめ。

□26.ハトムギ茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

化粧水などにも使用されているハトムギ。

ハトムギ茶に数多くの美容健康効果があるのは言うまでもありません。

スーパーなどでも販売されているため、手軽に飲めるのも魅力ですね。

■1.新陳代謝活性化

ハトムギ茶の最大の強みは、新陳代謝活性化機能です。

新陳代謝が活性化することで、消費カロリー量が増加し、ダイエット効果が早く出ます。

また、代謝が良くなることで以下の効果にも期待できます。

・解毒作用
・皮膚のターンオーバー正常化
・排膿
・いぼ取り

■2.美肌効果

ハトムギ入りの化粧水などがあることからも、ハトムギには優れた美肌効果があると分かります。

まず、新陳代謝が活性化することで、保温効果や美白効果が高まるのです。

また、ハトムギ茶にはビタミンB群やカリウムなど豊富な栄養素がバランスよく入っています。

そのためハトムギ茶を飲むことで、美肌に必要な栄養素が取れるのです。

■3.むくみ解消

ハトムギ茶は、体内の余分な水分を排出する利尿作用があります。

そのため、むくみが気になる方や立ち仕事などが多い方におすすめです。

□27.そば茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

そばの実を原料として用いたそば茶。

そば茶の大きな特徴は、そばならではのポリフェノールやルチンが配合されていること。

そのまま飲んでも美味しければ、お茶漬けなどにも活用できるので、アレンジを加えることで長く飲み続けられるでしょう。

■1.ルチンの力

ルチンはポリフェノールの一種で、血液をサラサラにし、悪玉コレステロール値を減少させる働きがあるのです。

このルチンの働きのおかげで以下のような効果を得られます。

・体脂肪率を下げる
・肥満予防
・生活習慣病予防
・毛細血管強化
・高血圧改善

ダイエット効果だけではなく、日本人がなりやすい病気の予防も行えます。

ルチンの力で、体の中からすっきりとした体になれるのです。

■2.便秘解消

そば茶には食物繊維が豊富に含まれています。

毎日飲み続けることで、便秘も解消され、痩せやすい体質へと変化するでしょう。

■3.ビタミンCの吸収を促進

美肌作りに必要な成分といえばビタミンC。

そば茶には、ビタミンCの吸収を促進する効果があります。

食事と一緒にそば茶を飲むことで、通常以上にビタミンCが吸収されるのです。

□28.緑茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

その高い健康効果のため、世界中から注目を集める緑茶。

高い栄養素を誇り、脂肪分解効果もあるため「痩せるお茶」として活用されています。

研究でも実証されている、緑茶の効果について見ていきましょう。

■1.ダイエット効果

緑茶には、カテキンとタンニンというダイエットに効果的な成分が入っています。

茶カテキンは、肝臓での脂肪代謝促進を促し、脂肪燃焼量を増やすのです。

そして、タンニンは脂肪分解酵素の働きを高めると判明しています。

カテキンとタンニンのWの力で、ダイエットを強力にサポートするのです。

■2.あらゆる病気の予防

病気の80%は活性酸素が原因と言われています。

緑茶には強力な抗酸化作用があり、体内に潜む活性酸素を除去するのです。

お茶の葉を発酵せずに作られるため、他のお茶とは異なり、緑茶には生葉の成分がたっぷりと含まれています。

なんと、緑茶の抗酸化作用はビタミンEの約10倍とも言われているのです。

この強力な抗酸化作用のおかげで、あらゆる病気の予防に期待できます。

■3.虫歯予防

緑茶にはフッ素が配合されています。

フッ素入りの歯磨き粉があるように、フッ素は虫歯にならないための歯を作るのです。

また、殺菌作用があり食後に1杯飲むと口臭予防にもなりますよ。

□29.中国茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

お茶の本場中国で作られたお茶のことを中国茶と言います。

細かく分類すると、何万種類もありますが、主に以下6つに分類されます。

・緑茶
・黄茶
・黒茶
・白茶
・青茶
・紅茶

種類によって効果は微妙に異なりますが、基本的にはどれもダイエット効果があります。

■1.体脂肪を燃焼させる

研究で、中国茶を飲むと脂肪燃焼効果が高まると判明しています。

中国茶にはカテキンが含まれており、カテキンが脂肪を燃焼させ、太りにくい身体を作るのです。

■2.冷え性を改善

中国茶は、血流の流れを改善し、新陳代謝を高めます。

血流の流れが良くなることで、体が温まり冷え性が改善されるのです。

また、むくみ解消にも期待できます。

■3.便秘解消

古来より、中国茶は薬として使用されてきました。

特に、中国茶は腸の動きを活発化させるため、便秘解消にもつながります。

□30.紅茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

紅茶とは、酸化発酵させた茶葉を使ったお茶のことです。

酸化発酵していないのが緑茶で、少しだけ酸化発酵を利用したのが烏龍茶。

発酵しているため、紅茶には紅茶ポリフェノールがあり、カフェイン量も緑茶より多いです。

そのため、ダイエット効果に大きな期待ができます。

■1.ダイエット効果

紅茶ポリフェノールには、脂肪吸収抑制と脂肪燃焼作用を高める効果があります。

カフェインにもまた、脂肪燃焼作用効果があるので、ダイエット目的だけなら緑茶よりも紅茶の方がいいかもしれません。

ホットで飲むことで基礎代謝も高まるので、毎日の生活に紅茶を取り入れましょう。

■2.整腸作用

紅茶ポリフェノールには整腸作用があるため、消化を促進させ、お通じを正常に保つ効果があります。

■3.リフレッシュ効果

紅茶には、テアニンというアミノ酸が含まれています。

テアニンは脳にα波を出させるため、リラックス効果を得られます。

様々な香りがあるため、1日の終わりに好きな香りの紅茶を飲むと、心も体もリフレッシュしますよ。

□31.ジャスミン茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

日本でも大人気のジャスミン茶。

緑茶や烏龍茶などの茶葉に、ジャスミンの花を香りづけしたものです。

そのため、緑茶や烏龍茶などと同じような効果を得られます。

■1.ダイエット効果

ジャスミン茶には、脂肪分解を促進させるカフェインが含まれています。

また、タンニンも含まれており、脂肪燃焼作用が高まるのです。

緑茶や烏龍茶が苦手な方は、ジャスミン茶を試してみるといいかもしれません。

■2.美容効果

ジャスミン茶には、美容に嬉しい成分がたっぷりと入っています。

ビタミンCやビタミンE、ミネラルなどが豊富なので、飲むだけで美肌効果を得られるでしょう。

■3.集中力を高める

ジャスミンの独特な香りは、集中力を高める効果があります。

自律神経を和らげるため、仕事や勉強中などに飲むのがおすすめです。

□32.ごぼう茶は痩せるお茶?効果と効能を解説

栄養成分がたっぷり詰まったごぼうを、皮ごと使用したのがごぼう茶です。

ごぼうの栄養が凝縮されており、香ばしく甘みのある香りが大人気。

特に、サポニンという成分がダイエットに大きな効果を発揮するのです。

■1.脂肪の吸収を防ぐ

植物の根や茎などに豊富に含まれているのがサポニン。

サポニンには抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、血管内に脂肪が溜まるのを防ぐ効果があるのです。

また、血液がさらさらになる効果にも期待できます。

■2.便秘解消

ごぼうは食物繊維が豊富に入っていることで有名。

また、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく配合しているため、便秘解消効果にも期待できます。

■3.むくみ解消

ごぼう茶にはナトリウムが含まれているため、利尿作用があります。

余計な水分を体外へ排出することで、むくみ解消や血行促進につながるのです。

まとめ

お茶に含まれるカテキンやカフェインなどが、ダイエットに大きな効果を発揮します。

痩せるお茶は種類も豊富なので、好きな味や効能のものを選ぶと良いですね。

なかには、カフェインフリーのものもあるので、妊娠中や授乳期間中の方も安心です。

大事なのは、毎日2~3杯の痩せるお茶を飲み続けること。

そうすれば、きっとダイエットが成功するはずですよ。